ホルモンバランスの乱れ

低音障害型感音難聴とは?

低音障害型感音難聴とは、耳が詰まった感じになったり、ゴーとかザーとかいう低い音の耳鳴りを指します。この病は高い音は普通に聞こえるので、難聴としてではなく、耳が詰まったような感じがしたり、耳の中に水が入ったように感じるケースが多いと言われています。低音障害型感音難聴は、老人性難聴とは違い、低い周波数が聞こえにくくなります。同じような症状に聴神経の腫瘍がありますが、低音障害型感音難聴の場合、CTやMRIに異常はみられません。20代〜40代で、特に女性に多く現れ、女性と男性の比率は2対1くらいになっています。ストレスが引き金になるといわれている病で、医師や看護師にも多く見られます。発症のきっかけは職場での人間関係や心配ごとなどの精神的ストレスがほとんどで、風邪による体調不良や、睡眠不足、慢性疲労などの肉体的ストレスも要因になっています。心身の疲れがあると、血液の流れを調節する自律神経が緊張を強いられ、血の巡りが悪くなります。内耳の血管は非常に細いので、ストレスの影響を受けやすいのです。治療には薬物療法が行われ、よく使われるのが利尿剤と副腎皮質ホルモンになります。

低音障害型感音難聴の原因

低音障害型感音難聴は、突然耳が詰まったような症状になる病で、聞こえなくなるわけではなく、低音が聞き取りにくい状態になります。原因ははっきりとしていないのですが、ストレスや疲労でうずまき管のリンパ液のバランスが崩れたことによるものと考えられています。他にも、ウイルス感染や自律神経系の異常が疑われています。しかし、はっきりとした原因はまだわかっていません。低音障害型感音難聴は、10歳代から40歳代の女性に多く、心配性の人や、つわりのひどい人、肩こりがひどい人、低血圧の人、姿勢の悪い人に多く発症する傾向が強いようです。つまり、心配事、不眠、睡眠不足、ストレス、大事な試験、締め切りなどが迫っている仕事などが誘因要因になります。低音障害型感音難聴の治療には薬物治療が行われ、利尿剤と副腎皮質ホルモンが使用されますが、投与期間が通常1〜2週間なので、副作用の心配はそれほどないと言われています。原因がストレスや疲れと言われているので、睡眠不足や不眠症の人には精神安定剤や睡眠導入剤が併用されることもあります。

 

 

天然由来成分の安眠サプリ
すっぽんや黒酢以上のアミノ酸配合率のクロレラが主成分
毎日ぐっすり出来る話題の潤睡ハーブ

 

 

 

低音障害型感音難聴の主な症状

最近、低音障害型感音難聴の人が増えているようですが、症状としては、難聴や、キーンキーン、ジージーという耳鳴り、山に登ったときや、トンネルに入ったときに塞がるような感じの耳閉感、自分の話す声が膜を通して聞こえるような感じや響いて聞こえる感じの自声強調、そして、揺れるような感じや地震でもないのに周りが揺れている感覚の軽いめまいなど、様々な症状が現れます。低音障害型感音難聴は、突然、治癒することもありますが、一般的にはストレスがかからないようにして、薬物治療をしていきます。そして、ビタミンB製剤や末梢循環改善剤、代謝賦活剤、ステロイド、利尿剤の内服を実施します。比較的治療によく反応する病で、治癒改善率は80%以上あると言われています。ただ、何度も再発する人や、メニエール病へと移行する人もいるので、注意しなければなません。たまに、聴神経に腫瘍が見つかる人もいるので検査は慎重にする必要があります。低音障害型感音難聴は、聴力検査を行っても低い周波数のみ低下するだけなので、これまで見過ごされてきた可能性がある病と言えます。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!