ホルモンバランスの乱れ

30代のホルモンバランスの乱れの原因

30代のホルモンバランスの乱れの原因はどんな事があるでしょうか。20代〜30代というのは、人間の一生から見れば若くて光り輝いている時期ですから、規則正しい生活を送っていれば、ホルモンバランスの乱れは起こらないとされています。しかし、ストレス社会の昨今では、PMS(月経前症候群)のように排卵日が過ぎると次の生理が来るまですごくイライラしてしまったり、痛くて大きなにきびができたりします。これは、ホルモンバランスが乱れていると考えられますが、何が原因になっているのかと考えると、やはり、ストレスや生活スタイルです。タイムテーブルが乱れたジグザグな時間で生活していたり、仕事の強いストレス、不規則な食事、寝不足などが女性のホルモンバランスを乱しています。最近は、晩婚になってきているため、30代になると出産する女性が最も多くなります。出産を経験すると、妊娠中から急激なホルモンの変化が起こりますので、出産を終えてもしばらくは乱れたホルモンバランスを元に戻すのに苦労する女性もいます。例えば、出産後に生理痛がひどくなったり、月経量が増えたり、おりものがとても増えたりとなかなか元のホルモンバランスに戻らないという場合も多いです。

 

 

参考記事

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!