ホルモンバランスの乱れ

50代以降のホルモンバランスの乱れの原因

50代以降の女性のホルモンバランスの乱れの原因はどんな事があるのでしょうか。平均的に40代後半位から50代前半頃になると、更年期障害の症状が出る方も多くなります。更年期障害は、女性ホルモンが減少することで起こるホルモンバランスの乱れです。20代や30代の頃のイライラやニキビなどのホルモンバランスの乱れとは異なり、「ホットフラッシュ」や「骨粗鬆症」などの症状にも気をつけなければなりません。50代は、急激に女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が少なくなり、今までエストロゲンでバランスを取っていた体の機能が上手く働かなくなります。エストロゲンが低下すると、脳が卵巣に「女性ホルモンをもっと出してください」と指令を送ります。その指令が周囲の脳に不要な興奮を起こすことが原因で自律神経の調節がうまくいかなくなります。規則正しいストレスの少ない生活を送っていれば、20代や30代ではホルモンバランスの乱れを感じたことの無い方でも、50代以降には更年期の症状を感じる方も多いです。更年期の症状がでるかどうかは個人差がありますが、規則正しい生活習慣の方でも症状はでるため、女性ホルモンを増やすことを考えましょう。豆乳イソフラボンを摂取することや、産婦人科でホルモン補充療法をすることも可能です。

 

 

参考記事

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!

 

50代の生理はどうなっていくの?

50代の生理はどうなっていくのでしょう。日本人女性の平均閉経年齢は50.5才といわれていますが、50代でも閉経していない人は沢山います。高齢化に伴い、50代でも閉経していない人は多くいて、現代人は老化がゆっくりになっている傾向にあります。50代になっても閉経が来るまでは、生理はほぼ周期通りにやって来ます。人によって違いますが、見た目が若い人は、閉経も遅い傾向にあるようです。中には、50代に入っても、更年期の気配が全くなく、生理も普通にあって、夫婦生活の時は避妊している人も少なくありません。但し、注意しないといけないのは、閉経が遅すぎると、50代に入って体自体はもう老化してるのに卵巣にパワーを使ってしまうので、疲れ切ってしまうことが多いことです。50代の生理はいくら順調であったとしても、閉経少し前から一気に老化がやって来ると、かえってショックを受けることが多いです。白髪の増加や肌のしわなど、目の当たりに現実をみると、その変化に心がついていけなくなります。そう考えると、やはり、平均年齢くらいに生理がなくなって、閉経するのが一番自然なのかもしれません。