プチ更年期 症状

プチ更年期の症状と原因

プチ更年期の原因は、更年期障害と違い、加齢による卵巣の機能低下でエストロゲンが急激に減少することで起こるものではありません。卵巣の機能が緩やかに下降していくことに伴い、ストレスで自律神経の働きに乱れが生じることが原因になります。プチ更年期世代は30代後半〜40代前半で、この年代は仕事や家事で多忙な毎日を送っている傾向にあります。ストレスがかかりやすい年代なので、自律神経のバランスが崩れやすく、不安感、焦燥感、そしてイライラしやすい状況になります。そうした精神的症状が起こると、体調も悪くなります。プチ更年期の症状としては、月経不順や経血量の減少、冷え性、肩こり、頭痛などが代表的ですが、イライラ、ストレスなどの不快な症状も出てきます。生活に支障をきたすような症状ではなく、非常に微妙であることから、婦人科に行くまでもありません。プチ更年期の症状は、30代後半から40代の時期に出やすく、女性ホルモンの影響で体質が変化することで起きます。プチ更年期の症状は、まさしく更年期障害の初期症と言えるもので、体調の悪さが長く続くことになります。

プチ更年期障害の治療の方法

プチ更年期障害に対しては、規則正しい生活と、ストレス解消でホルモンの分泌を助けることが大事です。プチ更年期障害の実際の原因は、加齢による卵巣機能の低下ではなく、ストレスによる自律神経の乱れが大きいです。治療するには、まず自律神経の微妙なバランスの乱れを正すことです。自律神経を上手に休んで整えることが大事です。病院での治療は、精神面のケアをすると共に、漢方療法、ホルモン療法を実施していきます。プチ更年期障害に対しては、自律神経の正常な働きを促進する必要があるので、ストレスを溜め込まないようにすることが大事です。規則正しい生活を送ることが何より大事なので、しっかり睡眠を取り、不摂生な生活を送らないようにしないといけません。夜更かしは避け、早寝早起きの習慣を心がけることです。適度な運動も大事です。おすすめは、ウォーキングやヨガなどで、適度な運動なので精神的にとてもスッキリします。プチ更年期障害には、心身のリフレッシュ効果が期待できるマッサージもおすすめです。筋肉をほぐすことでリラックス効果が得られます。

プチ更年期は漢方薬がいいのか?

プチ更年期は漢方薬がいいのでしょうか。そうしたうわさをたまに聞くことがあります。プチ更年期に入ると、発汗、動悸、頭痛、便秘、イライラ、うつ、不眠などの症状が出てきます。プチ更年期というのは、本格的な更年期の前に起こるものですが、更年期と同じような症状が起こり得ます。閉経前後に起こる更年期障害の場合、ホルモン補充療法で治療することが多いので、漢方薬はあまり有効ではありません。しかし、卵巣機能がまだ働いているプチ更年期の場合、漢方薬は有効な治療になります。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬は、プチ更年期に効果的で、気、血、水のバランスを整える作用があるので改善に功を奏します。プチ更年期に突入すると、イライラ、頭痛、肩こりなどの症状が出てきて、不快感が続きます。これは気のバランスの乱れによるものですが、不眠、疲労感、肌のくすみなどは血のバランスの乱れになります。そして、めまい、冷え、むくみなどの症状は、水のバランスの乱れになります。漢方薬は、気、血、水のバランスを調整できるので、プチ更年期に対して、大きな効果を得ることができます。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!

 


20代の乱れの原因 30代の乱れの原因 40代の乱れの原因 50代以降の乱れの原因