エストロゲンとは

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは?

女性の卵巣では、二つのホルモンの分泌が行われています。その一つがエストロゲンで、このホルモンは女性らしい体つきをつくるホルモンとして知られています。思春期を超えてくると、女性は一気に女性らしい体つきになっていきますが、これはちょうど初潮が来て生理が始まるころが始まりになってきます。初潮が来るというのは、女性の身体が成熟してきて、妊娠することが出来るようになった。というサインでもあります。エストロゲンは生理と排卵の間の期間に分泌が多くなり、体や心、そしてお肌なども安定してとても体調が良くなる時期でもあるんですよ。エストロゲンはハッピーホルモンとも言われています。生理から排卵の間は気分が向上し、女性的な魅力がアップする期間でもあるので、このように言われるようです。エストロゲンの分泌は20代がピークになり、30代から徐々に減少を始めます。実は40代から50代で急激に低下してしまいます。これは40代くらいから卵巣機能が低下することで、エストロゲンの分泌も低下するからなんです。イライラしたりのぼせたりといった更年期障害は、このエストロゲンの低下が原因とも言われているんですよ。

 

 

参考記事

エストロゲンの働き

代表的な二つの女性ホルモンの中でも、特に有名なのはエストロゲンですよね。このエストロゲンは、いったいどのような働きがあるのでしょうか?まずエストロゲンは女性らしさをつくるホルモンであると言われています。丸みを帯びた女性らしい身体をつくり、実は子宮に作用をしいます。女性は妊娠に備えて子宮の内膜を厚くしていきますが、エストロゲンがこの作用に影響しているんです。生理の終わり事からエストロゲンの分泌が活発になり、子宮内膜を厚くしていきます。基礎体温では低温層になり、のぼせなどが起こりにくくなります。自律神経を整えたり、感情の動きを整えるといった働きもあります。実は骨や皮膚、そして脳の働きにも関わり合いを持っています。更年期を超えた女性が骨粗しょう症などを発症させやすいのは、エストロゲンの分泌が低下することが原因になっているんですよ。エストロゲンの分泌が多い期間は卵胞期と言われていて、精神的にも肉体的にも安定した期間であり、ダイエット効果なども実は出やすい期間になっているんですよ。女性がとても充実していると感じられるのが、このエストロゲンが分泌されている卵胞期なんです。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!