プチ更年期 生理

プチ更年期と生理

プチ更年期になると、生理周期が乱れてきます。プチ更年期でも生理に変化はあるので注意が必要です。更年期になると、生理周期が乱れたり、経血の量が少なくなったりしますが、プチ更年期でもそうした症状は十分に起こり得ます。プチ更年期になると卵巣の働きが鈍ってくるからです。一年以上経っても次の生理がこない場合、閉経になりますが、プチ更年期に突入すると、生理の乱れを感じるようになります。たとえば生理が3日で終わったり、黒っぽい経血だったりすると、経血量が減ってきている証拠です。プチ更年期によるいわゆる生理の症状になります。プチ更年期であるかどうかを診断する上で、生理の変化は一つの目安になります。生理のときの出血量が減ってきたり、生理周期が短くなったときは、プチ更年期に入った可能性があります。ただし、生理の乱れだけで、プチ更年期とは判断できません。プチ更年期になりそうな兆候であるということが言えるだけです。いずれにせよ、少しでも、プチ更年期になるのを遅らせ、更年期障害にならないようにするには、プチ更年期を予防し、不調を解消するように努めていかなくてはなりません。

プチ更年期と妊娠の関係

プチ更年期と妊娠の関係は、意外と深く、プチ更年期は30代後半から40代前半の女性が多くなります。頭痛やイライラだけでなく、生理不順に悩むことが多くなるので、妊娠できなくなる可能性があります。これから妊娠出産を迎える場合、プチ更年期に差し掛かると、体調不良や生理不順が続くので、妊娠できないのではという不安に陥ることになります。プチ更年期に当たる時期に、妊娠、出産する時期が重なると、妊娠への影響が心配になります。プチ更年期の症状が出てくると、卵巣の機能低下が懸念されるで、妊娠への影響があるのは事実です。ただし、30代後半になって月経がこなくなりプチ更年期障害になったと思って病院に行くと、妊娠していたというケースもあるので、プチ更年期は安易に自分では判断できません。確かに妊娠への影響はあるのですが、プチ更年期かどうかを判断するには、専門医に診てもらうのが一番です。これから妊娠を希望しているのなら、妊娠に影響を及ぼすプチ更年期障害の治療は、早めにやっていくことが重要です。妊娠しにくい状況とプチ更年期を発症しやすい状況は酷似しているので、妊娠しやすい体質を作ることは、プチ更年期の改善につながります。

 

ホルモンバランスの乱れに更年期サプリ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!