ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れと生理

ホルモンバランスの乱れと生理は、密接に関係しています。ホルモンバランスが乱れると、生理不順になります。エストロゲンとプロゲステロンの分泌が少ないと無月経や過少月経がおこり、頻発月経になることもあります。過多月経もホルモンバランスの乱れが原因といわれていて、出血量の増加やひどい生理痛がともなうと、子宮内膜症や子宮筋腫が疑われます。ホルモンバランスが乱れると、生理痛が生じます。生理中に分泌されるプロスタグランジンというホルモンが、痛みや炎症を起こし、通常以上に分泌されることで強い生理痛を引き起こすことになります。不正出血も起こりえます。これは、ホルモンバランスの乱れで子宮内膜が刺激されてはがれてしまうからです。頻繁に不正出血があるときは婦人科を受診する必要があります。このように、ホルモンバランスの乱れと生理は関係が深いので、できるだけホルモンバランスを整えるため、楽しく毎日を過ごすようにしないといけません。リラックスする時間をつくることが何より大切です。没頭できる趣味を見つけたり、心が落ちつく音楽を聴いたりして、日々、ストレスを発散していきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!

 


20代の乱れの原因 30代の乱れの原因 40代の乱れの原因 50代以降の乱れの原因