プロゲステロンとは

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは?

女性の生理周期の中で、卵子が卵巣から排出される排卵を境に、その分泌が活発化するのがプロゲステロンで、黄体ホルモンと言われています。このプロゲステロンの分泌が活発な期間を黄体期と呼んでいます。このプロゲステロンは、人によっては気分を落ち込ませ、そして腹痛や頭痛、腰痛などの不快な症状を引き起こすことがあります。精神的にもやや不安定になりがちで、お肌の調子も悪くなることが多いため、生理前にはニキビや吹き出物などが出やすくなる。という人が多くいますが、実はこれは黄体ホルモンのせいである。と言われています。ほの黄体ホルモン、実は身体に水分を貯め込み、妊娠に備えて体を妊娠しやすい状態にする。という役割を持っているホルモンです。排卵後、受精し受精卵が出来た場合には、子宮内膜に着床しやすいように、状態をととのえるといった役割を持ち、無事に着床した時には、妊娠を継続させる働きがあるのが、このプロゲステロンになっているんですよ。プロゲステロンの分泌が増える黄体期は、基礎体温が上がるといった特徴もあるんですよ。

 

 

参考記事

プロゲステロンの働き

妊娠をしたいという女性には、とてもお馴染みのホルモンがプロゲステロン、つまり黄体ホルモンです。このプロゲステロンは妊娠を助けるホルモンとして有名ですよね。卵巣から排出された卵子は、卵管で受精して、受精卵となります。受精卵が子宮に到達すると、子宮内膜に留まり着床しますが、この着床をしやすいように子宮内膜の状態を整えるのが、プロゲステロンの役割になります。受精卵が上手に着床し、妊娠が成立すると、今度はこの妊娠を継続させる働きをします。妊娠中は胎児を育てるために、水分や栄養が必要です。そのため、プロゲステロンの分泌が多くなっている場合には、水分の保持をしたり、食欲が増進するといった働きがあります。妊娠を希望していない人にとっては、排卵から生理の間はどうしても太りやすい期間になってしまうのは、このプロゲステロンが原因になっているんです。また、基礎体温を上げ、身体をあたたかく保つことで、胎児を冷えなどから守るといった作用もあります。黄体期は精神的に不安定になりがちですが、実はこれもプロゲステロンの働きによるものなんですよ。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!