ホルモンバランスの乱れ

漢方でホルモンバランスの乱れを正す

漢方でホルモンバランスの乱れを正すことができます。ホルモンバランスが崩れると肌の調子が悪くなったり、体調に変化が出てくるので、ホルモンバランスの乱れを整えてやる必要があります。そうした時におすすめなのが、漢方です。ホルモンバランスは、生活の中で整えていくことは十分に可能で、その大きな一助となるのが漢方なのです。漢方薬には、植物由来の女性ホルモンが含まれているものがあり、実際、更年期障害の治療などにも効果をあげています。植物由来の女性ホルモンが含まれているもので代表的なのがクラリセージで、更年期症状や月経困難症、稀発月経の治療に有効といわれています。これらの成分が配合されている漢方を摂取すれば、ホルモンバランスの乱れを正すと共に、婦人科の病にも功を奏します。自然と毎月生理が来るようになり、生理前のイライラや不快感を緩和することができます。漢方で、気、血、水のバランスを整えることは、更年期のからだと心の不安定な状態を正すのにとても有効です。ホルモンバランスの乱れを正すのに最適なので、漢方で気、血、水のバランスを整えていきましょう。

ホルモンバランスの乱れを正す代表的な成分

ホルモンバランスの乱れを正す代表的な成分と言えば、プラセンタがあります。ホルモンバランスを崩すと病気になりやすいので、規則正しい生活と、バランスのとれた食事が大事になってきます。ホルモンバランスを整えるには、プラセンタがおすすめで、特に馬プラセンタは豚由来のものより有効成分が豊富に含まれているので高い効果が期待できます。女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンや、女性ホルモンの分泌を促すビタミンB6、ビタミンEなども、ホルモンバランスの乱れを正す代表的な成分と言えます。大豆イソフラボンは納豆や豆腐に、そしてビタミンB6は。まぐろ、さんま、鮭、いわし、バナナ、カツオ、レバーに、ビタミンEはアボカド、うなぎ、かぼちゃなどの食材に多く含まれています。イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする成分で、納豆、豆腐、みそなどの大豆製品にたくさん含まれています。ビタミンEは、血行を促してホルモン分泌の状態を整える効果があります。ビタミンB6は、エストロゲンの代謝に欠かせない栄養素になります。ビタミンCも、ストレスへの抵抗力を増す働きがあるので、ホルモンバランスの乱れを正すことに寄与します。特にストレス性の月経不順などの人におすすめです。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!