ホルモンバランスの乱れ

体調不良に良い食べ物

体調不良の原因は、殆んどが内臓疾患によるものだと考えられます。
まずは医師の診察を受けるのが最善策ですが、食べ物も考えながら摂取しなければなりません。胃痛や胃もたれ・腸炎など消化器系統に問題が生じている場合、基本的には消化の良い食べ物を中心とした食生活が重要です。

 

例えば

  • 食べてから消化に時間がかからないもの
  • 胃腸の働きに負担をかけないもの
  • 比較的早くエネルギーに代わるもの

を摂取します。
栄養面も考慮すると、【お粥】や【うどん】のような炭水化物や【豆腐】や【卵】などのタンパク質も取り入れた料理メニューを摂取しましょう。
また、【牛乳】や【ヨーグルト】と言った乳製品も消化が良く、栄養価も高い食べ物ですのでオススメの食品です。

 

 

ここでは消化の良い料理メニューを紹介しておきます。

<そば・うどん・雑炊・お粥>
そば・うどん・雑炊・お粥は、その代表的な食品として知られていますが、それだけでは栄養が偏ってしまいます。
卵を入れて卵とじのお粥にしたり、月見そば・うどんなどにして工夫をしましょう。

 

 

<鍋料理鍋料理>
鍋料理は、消化吸収が良い食材と栄養分が豊富に含まれる豆腐をメインとし、白菜のような
比較的やわらかい野菜を煮ると消化されやすくなります。
魚を具材として使う場合は白身魚にして下さい。
そうすれば消化に良いバランスのとれたメニューとなります。

<茶碗蒸し>
茶碗蒸しは非常に消化吸収が良い卵料理です。
胃や腸にも負担が掛かりませんし、口当たりも良いので食欲がない時や風邪などの時は最適な
メニューだと言えます。

体調に影響を与えているのはホルモンバランス

女性の体調不良にはホルモンバランスが大きく関わっています。
ホルモン量の微妙な変化が体調に関わってきます。ホルモンって大量に出ているイメージなんですが一人の女性が一生に分泌するホルモン量はわずかティースプーン一杯だと言います。これほど微量のホルモンが女性の体調の変化を担っているとは想像しがたい事実ではあります。

 

ですが、反対に足りないホルモンを補充する場合はほんの微量で良いということにもなります。
ホルモンの分泌はかなり繊細で多くても体調不良の原因になるし、少なくても体調不良の原因になってしまうのです。繊細なホルモンは不規則な生活、病気、ストレスなどで分泌が崩れると、様々なホルモンのバランスもおかしくなってしまうのです。

 

不規則な生活が体調の悪さに影響しホルモンの分泌のバランスを乱し、そのホルモンバランスの分泌の乱れで更にホルモンのバランスが乱れるというようにドンドン体調不良となっていきます。ですから、おかしいと思ったら、休息をとるだけでも違ってくるのです。
ですが、女性は疲れていても体調不良でも休息を取ることがなかなかできません。仕事、家事、育児、更には人間関係と様々です。結果、肌荒れ、ニキビ、皮膚のかゆみなど美に関する支障も出てきます。

 

女性の体調不良の場合、原因は何であれ最終的にはホルモンバランスが乱れてしまっています。
ですから、ホルモンバランスを整えることが必要となります。ホルモンバランスを整えるために漢方薬を飲用したりサプリを飲用している女性も多いです。ですがサプリや漢方は治療ではありませんので、本当に深刻な場合は婦人科などでホルモン治療を行う場合もあります。そのように深刻な状態に陥る前にしっかりケアしていきたいです。

 

年代別のホルモンバランスの乱れの原因とおすすめサプリを要チェック!

 

20代のホルモンバランスの乱れの原因

30代のホルモンバランスの乱れの原因

 

40代のホルモンバランスの乱れの原因

50代以降のホルモンバランスの乱れの原因

美的ヌーボ 白井田七