ホルモンバランスの乱れ

首の血行が悪くなると三半器官も狂うの?

頸椎の歪みによって三半器官が狂い、目まいや頭痛・吐き気を感じるケースが多いとされています。つまり頸椎を痛めると首の血行が悪くなり、三半規管などへの代謝が低下して目まい・頭痛・吐き気の原因となります。三半規管とは平衡感覚を司る器官であり、内耳の前庭に繋がっている半円形をしたチューブ状の3つの半規管の総称を意味します。

 

 

首はいつも重たい頭部を支えていますので大きな負担となっています。ですから、首にはあまり負担をかけないようにしましょう。長時間のデスクワークのような同じ姿勢をとり続けたりすると、首の筋肉が凝り固まって血行障害を起こす可能性があります。

 

また、メニエール病も目まいを感じます。病院で治療しないと目まいなどの症状が慢性化してしまいますので、早めに改善させておきましょう。
もし血行が悪くなるような仕事をされているのなら、休憩時間などに首を回す運動をしたり、屈伸運動などをして筋肉を解しておく事です。そのようにして血液の循環を常に良くしておく事が大切です。

 

 

頸椎の歪み全てがメニエール病の目まいの原因と言う訳ではないのですが、健康に良いとは言えません。日常生活に支障をきたす可能性もありますので、歪みがある場合は迅速に対処する事をオススメします。

 

ホルモンバランスの乱れに更年期サプリ

ホルモンバランスの乱れは早めの対処は必要です。ひどい状態になる前に始めましょう!